〇第6回沖縄国際音楽祭「第九 ㏌OKINAWA」~首里城再建を願う特別公演

資料のダウンロードはこちら


現金書留でのご郵送をご希望の方、及びクラウドファンディング操作方法にお困りの方は以下の電話番号へお問い合わせください。
A-port(朝日新聞社のクラウドファンディング)お問い合わせ先

TEL:03-6869-9001



第6回沖縄国際音楽祭「第九 ㏌OKINAWA」~首里城の再建を願う特別公演

 2020年11月15日午後4時から首里城公園内守礼門前の広場で、ベートーヴェンの交響曲第9番4楽章を演奏(無観客・オンライン配信)します。「第九」の思いをつなぎつつ、焼失した首里城の再建を願い、首里城基金へ寄付を呼び掛けるイベントです。


首里城公園内の守礼門前広場

2つの思い

 第6回の沖縄国際音楽祭は、新型コロナウイルスの感染防止を踏まえて沖縄コンベンションセンター劇場棟から屋外の首里城公園内の守礼門へ開催場所を変更し、合唱団も規模を縮小して演奏することになりました。「沖縄から毎年発信するベートヴェンの第九演奏会の灯を絶やしてはならない」という合唱団はじめ多くの方の熱い思いと、「沖縄の、琉球の文化・芸術が世界の文化と交わることによって育まれた首里城が焼失して後、ぜひ再建に向けて応援したい」という二つの思いで取り組んでいます。

第6回沖縄国際音楽祭「第九 ㏌OKINAWA」首里城再建を願う特別公演
【日時】2020年11月15日(日)午後4時~
【場所】首里城公園内守礼門前広場
【出演者】沖縄国際音楽祭第九合唱団有志40人
ソリスト:知念利津子、新垣寿賀子、喜納響、仲本博貴
指揮者:武田光史/伴奏ピアニスト:山根貴志
【主催】沖縄国際音楽祭「第九 ㏌OKINAWA」実行委員会(岩崎セツ子実行委員長)
【共催】琉球放送、沖縄タイムス社
【協力】一般財団法人沖縄美ら島財団、(株)HENZA、(有)サット


No.9 at Shurijo Castle

 Beethoven's Symphony No. 9, 4th Movement will be performed (for online viewing rather than in person) at Shureimon Gate in Shurijo Castle Park from 4:00 pm on November 15, 2020. The event is asking for donations for the reconstruction of the Shurijo Castle which connects with "Beethoven's 9th" theme of universal brotherhood.
※Please support this crowdfunding from here.


なぜ首里城で第九を?

 この「首里城第九」の構想は、首里城を管理されている美ら島財団の花城良廣理事長と私、岩崎セツ子との間で以前から描いていたもので、再建された首里城では、かつての首里城のように多くの国々から人々が訪れ、文化・芸術を育んでいった国際交流、芸術振興の拠点として発展してもらいたい―という共通の思いです。今回は「縮小版」ですが、将来は首里城の中で本格的な第九演奏会を開くのが夢です。


第5回沖縄国際音楽祭


支援金は首里城基金へ寄付

 皆さまからいただいた支援金は、焼失した首里城の再建を後押しするために、首里城に収められている貴重な美術工芸品等の収集、復元、保存に向けた「首里城基金」への寄付を予定しております。ただ、今回の演奏会は新型コロナウイルスの影響で「無観客」で実施するため、チケット収入がなく、皆様の支援金から一部必要経費(撮影・配信費用)に充てさせていただきます。

「首里城基金」について
 国内外に散逸した首里城関係の文化遺産を収集し、復元し、首里城等で一般公開していくため、県、市町村、各種団体、また多くの方からの協力を得て、首里城基金が一般財団法人沖縄美ら島財団に設置され、これまで文化遺産収集事業を続けてまいりました。
 しかし、2019年10月31日、首里城は火災で焼失し、貴重な美術工芸品も400点以上が焼失損傷しました。 首里城の再建に向けた動きが加速するなか、偉大な先人たちが残してくれた貴重な美術工芸品等の遺産を収集・復元・保存し、首里城で展示できるよう、首里城基金の造成に皆様方の絶大なるご支援、ご協力賜りますよう、心からお願い申し上げます。


絹黄色地梅楓桜雪輪手鞠文様紅型袷衣裳 現存が確認された黒漆菊花鳥虫七宝繋沈金食籠


支援者限定「視聴権」と首里城グッズ「一筆箋」なども提供

 プロジェクト支援のリターン(返礼)として、支援者限定の視聴権(同時中継配信および録画配信)のほか、首里城を様々な角度から描きデザインを施した「一筆箋」(リターンを参照)と組踊(上)や紅型(下)をモチーフにした「風呂敷」など首里城でしか販売していないレアなグッズを用意しました。美ら島財団様のご協力のたまものです。これに加えて沖縄国際音楽祭「第九 in OKINAWA」の統一デザインが入ったステッカー、ハンカチーフをそろえています。※リターン(返礼品)についてはクラウドファンディング終了後、発注数を確定いたします。その関係で2021年1月中に配送を予定しております。ご了承ください!
※同時中継および録画配信の視聴については、seiton@okinawatimes.co.jp までお問い合わせください。




グッズデザイン、PV撮影などで応援多数

 返礼品(ステッカー、ハンカチーフ)はファッションデザイナーの平安座レナさんが首里城第九をイメージしてデザイン。またPV動画は全国的にも活躍され始めている注目の若手動画クリエイター徳嶺一貴氏に依頼をしました。写真/(株)OFFICE RHISOMEにも協力頂きました。



雨天決行!! 十分にコロナ対策も実施いたします。

 演奏会会場の守礼門前は屋外のため、雨天の場合は屋内施設で実施いたします。その際も、皆様に首里城の風景が楽しめるよう映像素材を工夫してお届けする予定です。また、当日は無観客・オンライン配信公演ですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出演者およびスタッフは会場に適したソーシャルディスタンスを採用して演奏家を配置するほか、マスク着用、手指消毒、検温等も実施して万全の体制で臨みます。
 新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発出されるなど公演が実施できなかった場合、首里城基金へ寄付するプロジェクトの主旨から支援金は返金いたしません。ご了承ください。



首里城第九のスタートに支援を!!

 首里城で第九演奏会のみならず、将来は演劇やオペラなど洋の東西を問わず幅広く文化交流、芸術振興ができれば。皆様のご支援を大切に受け止めて頑張ります!!



こちらよりクラウドファンディングページをご覧いただけます。



https://a-port.asahi.com/okinawatimes/projects/syurijyodai9/

指揮者・ソリスト・伴奏ピアニスト紹介

 指揮者・ソリスト・伴奏ピアニストのプロフィールはこちらです。